よくわからない!リノベーショ…

Informationよくわからない!リノベーションとリフォームの違い

よくわからない!リノベーションとリフォームの違い

中古物件の購入や住まいの改修工事を考えたとき、よく聞くのが「リノベーション」と「リフォーム」。

その違いがわかりますか?

今回はその違いやそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。住まいづくりの参考にしてください。

 

〇リノベーションとは     

リノベーションとは、既存の建物を新たな機能や付加価値を付け加えてレベルアップさせる改修工事という

意味で使われます。

たとえば「和風の外観を洋風にする」、「古民家の台所を現代的なキッチンに作り直す」、

「小さく仕切られた間取りを開放的なLDKにする」などです。

リフォームよりも規模が大きな改修工事になります。

 

〇リフォームとは           

リフォームとは、壊れていたり汚れていたり、老朽化した部分を直すことを目的とした改修をいいます。

マンションやアパートでは、入居者が退去した後に元の状態に戻したりしますよね。

たとえば、キッチンの交換、壁紙やフローリングの張り替え、その他外装の塗り直しなどです。

劣化した箇所を補修する工事といえます。

 

 

◯リノベーションのメリット  

・新築にくらべてコストが安い

・立地の良い条件の家を手に入れやすい

・家事動線に優れた間取りにするなど、住心地を向上することができる

・設備や仕様が改善され、資産価値が高くなる

 

〇リノベーションのデメリット 

・表面的、部分的な改修工事なので、家の性能が大きくかわることはない

・築年数によっては耐震性に不安が残ることも

・リフォームした箇所、手を加えていない箇所の統一感が出ないことがある

・フルリノベーションをすると工期、費用がかかる

 

〇リフォームのメリット    

・表面的、部分的な工事が多いので価格が安い

・リフォームの箇所や内容によるが工期が短い

・必要な部分だけ最新の設備に変更できる

・間取りが大きく変わることがないので、完成後のイメージがしやすい

 

 

〇リフォームのデメリット   

・間取りの変更ができない

・一部改修しても数年後には違う箇所の改修が必要になる

・内部の状態を細かく確認できないので劣化の具合がわかりにくい

・リフォームした箇所、手を加えていない箇所の統一感が出ないことがある