若いうちに家を買う

Information若いうちに家を買う

若いうちに家を買う

前回、頭金についてお話しましたが、マイホームの「買い時」は悩みの尽きないテーマですよね。

家づくりを始められるタイミングは、「子供が生まれたから」「頭金ができたので」など様々です。

ココロホームでは「大抵の場合、家を建てるのは早いほどいい」とお話させていただいています。

ではなぜ家を早く建てたほうがいいのか、その理由をまとめてみましょう。

 

■家賃が無駄にならない

賃貸料がかからない住まいに今住んでいるのであればまだいいのですが、賃貸の場合、毎月支払う家賃は消えてなくなっていきます。

自分で建てた家のために支払う月々のローンなら、完済後は家が資産として残ります。
例えば、毎月家賃が8万円の賃貸住宅だと8万円×12か月=60万円、3年だと288万円の出費になります。

しかも家賃を払って、さらに頭金のために年間100万円とか200万円貯めていく・・・というのはなかなか大変ですね。

家を早く建てればこの家賃も払うことなく、さらには住宅ローンの返済に充てられるということなりますね。

■ローンの完済が早い

27歳の方が35年ローンを組めば完済は基本62歳、30歳の方なら65歳になります。

おそらくその年齢でも働いていると想定すると、その3年間の所得は住居費を住宅ローンの返済に

まわさず貯蓄できたとしたら老後の大きな安心につながるかもしれません。

 

■低金利時代

今は、超低金利時代と言われています。金利については今後どうなるかなんて分かりませが、

金利が上昇するリスクはゼロではありません。

例えばですが、頭金を貯めている2~3年のうちに、金利が上昇してしまう恐れもあります。

 

35年の住宅ローンを3500万円借りたとすると

固定金利1.0%の場合、総支払約4150万円(利息は約650万円)

で、借りる時の金利が0.5%上昇していたとすると

固定金利1.5%なら、総支払約4500万円となります。(利息は約1000万円)

そうなると、せっかく300万貯めて頭金にしようと思っていたのに、金利が上がったためにローンの総支払額で

その頭金300万円のメリットが軽く打ち消されてしまう…なんて可能性もありますから。