「戸建て」と「マンション」あ…

Information「戸建て」と「マンション」あなたはどっち派?

「戸建て」と「マンション」あなたはどっち派?

新しく家を購入することを考えるとき「戸建てとマンションどちらがいいの?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。どちらにもメリットがあればデメリットもあります。

マンションと一戸建ての違いはいったい何なのか、ここでは、比較するポイントをまとめてみました。

ベストな選択はそれぞれご家庭のライフスタイルやニーズによって変わりますので参考にしてみてください。
 

戸建てのメリットとデメリットとは

戸建てのメリット

*プライバシーが保ちやすい

*騒音に悩まされにくい

*庭や駐車場がある家が実現しやすい

*リフォームしやすい

 

戸建てのメリットといえば、やはり広さ!
夫婦の寝室や子供部屋も取れる、広々とした戸建住宅は夢が膨らみます。

マンションは、部屋の距離が近いため、どうしても近隣住民の視線が気になる場合があります。
視線だけでなく、生活音や楽器などの騒音に悩まされる可能性もマンションと比較して、戸建てでは格段に減ります。小さな子供がいる家庭でものびのび生活することができます。
また、家を手放したいときには、資産価値が残りやすいのも戸建ての特徴です。

 

戸建てのデメリット

*維持管理費に一気に資金が掛かることがある
*駅から遠いことが多い

*防犯面がマンションに比べ脆弱

*バリアフリー化しにくい

 

戸建ては、近隣からの独立性が確保されていて、マンションより空き巣などに狙われる可能性が高くなるといえます。ですから自身で防犯対策を講じる必要があります。防犯に砂利を引いたり、侵入されにくい鍵や窓、防犯シャッターを設置するなど、できる対策はたくさんあります。ホームセキュリティシステムを導入すれば、なお安心です。
また、マンションのように修繕積立金を毎月支払う必要はありませんが、建物のメンテナンスやリフォームは、計画的に行う必要があります。あらかじめ貯蓄をしておかなければ、いざという時に困ってしまいます。

 

 

 

 

マンションのメリットとデメリット

マンションのメリット

*オートロックなどセキュリティーが充実している

*共用部の管理や清掃を管理会社がしてくれる

*室内がワンフロアなので家事動線が良く、高齢になっても暮らしやすい。

 

マンションは駅近など利便性が高い物件が多いのが一番の魅力です。
オートロックや防犯カメラ、管理人の常駐など安心感も一戸建てに比べ、高くなります。高層階の部屋なら日当たりや眺望も期待できるでしょう。また、ゴミ当番がない、大規模なマンションなら24時間365日ごみ捨てが可能ごみステーションがあります。また、キッズルームやゲストルームなどの共用設備を整えているマンションも増えているので、生活の利便性もぐんと向上するでしょう。

 

マンションのデメリット

*上下左右の住人と音のトラブルになりやすい

*管理費や修繕積立を毎月払わなければならない

*駐車場を借りるのにお金がかかる

*リフォームしづらい

 

デメリットは戸建てと比較して狭い物件が多いということ。
また、集合住宅なので隣部屋や上下階からの騒音や、逆に迷惑をかけないよう気を使って生活しなければならないという可能性があります。1度近隣住民との関係が悪くなると、住みにくくなるのがデメリットです。

また、戸建てと比較して、建物の老朽化に伴い資産価値が下がりやすいことも覚えておきましょう。

 

将来の資産価値

時間の経過によって建物が老朽化し、建物の価値が下がっていくのは戸建てもマンションも同じです。

ただし戸建の場合は家屋の資産価値が下がったり、建物が古くなって取り壊しをした場合でも土地が残っていれば、新たに住宅を建てることもできますし、更地として売却して現金にすることも可能です。

一方マンションは土地を売ることはできません。ただ、利便性が高いエリアでは年数が経過してもマンションの価格の下落が少ない場合もあります。また、近隣地域の再開発などでエリアの利便性や価値が上がるとマンションの価格がアップする可能性がありますが、何十年という長期間に渡って住む場合は、やはり資産価値は落ちていくことでしょう。